松戸六高台の遺言・相続相談室

遺言書作成支援 普通方式遺言書について

普通方式遺言とその特徴

法律で定められている遺言の方式は、大きく分けて普通方式と特別方式に分けられます。

普通方式は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、特別方式は、死期が迫っている人が行なう危急時遺言、一般社会と隔離された人が行なう隔絶地遺言があります。

ここでは、以下に普通方式遺言(自筆証書遺言、公正証書遺言)についてメリット、デメリットを表記します。
尚、秘密証書遺言については、現在ほとんど利用されていません。

自筆証書遺言 公正証書遺言
難易度
費用 ほとんどかからない 公証役場手数料、証人依頼費
証人 不要 2人
紛失変造 ある ●紛失の場合は再発行。
●変造はできない。
検認 必要 不要
メリット ●費用があまりかからない。
●証人も不要。
●簡単に書けて、作りなおす事も容易。
●家庭裁判所での検認が不要。
●公証人が作成するため、無効、変造の
可能性が少ない。
●紛失しても謄本を再発行できる 。
デメリット ●紛失、変造等の可能性がある
●遺言の要件を満たしていないと無効な遺言となる可能性がある。
●家庭裁判所での検認が必要。
費用がかかる。
Copyright(c) 2010 行政書士沼澤法務事務所 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com