遺言執行者 遺言書  松戸 柏 流山 野田 鎌ヶ谷 我孫子 常盤平 五香 八柱 小金原

松戸六高台の遺言・相続相談室

遺言書作成支援 遺言執行者について

遺言執行者とは

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するために特に選任された人で、相続人の代理人です。
遺言書に書かれている内容・趣旨にそって、相続人の代理人として相続財産を管理し不動産の移転登記や預貯金等の名義変更などの各種手続を行います。
したがって、遺言の内容どおりに実現されるかは、遺言執行者次第ということもいえます。

遺言執行者の指定
遺言執行者の指定は、遺言で指定するか、遺言で指定の委託をすることもできます。
もし、遺言で指定していない、もしくは指定した遺言執行者が死亡などしていた場合は、家庭裁判所に遺言執行者選任を請求することができます。

遺言執行者の権利義務
特定の財産についてのみの遺言を除いて、遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言執行に必要な一切の行為をする権利と義務を有します。
これにより、相続人は、相続財産の処分その他遺言執行を妨げる行為をすることができません。

遺言執行者になれる者
未成年者や破産者を除いて、自然人は誰でもなれます。
一般的には、推定相続人、受遺者、我々行政書士等の専門家がなる場合が多いです。
遺言執行者の報酬 遺言執行者の報酬(報酬を含む遺言執行費用は相続財産から)は、スムーズな遺言執行ができるように遺言で定めておくことができます。
もし定めがなければ、相続開始後、遺言執行者と相続人間で定めるか、家庭裁判所で定めてもらうことになります。

Copyright(c) 2010 行政書士沼澤法務事務所 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com