松戸六高台の遺言・相続相談室 | 普通方式遺言

遺産分割 名義変更 公正証書遺言|松戸 柏 流山 我孫子 野田 鎌ヶ谷

松戸 柏 流山 我孫子 野田 鎌ヶ谷の遺言書作成②

普通方式遺言とその特徴

法律で定められている遺言の方式は、大きく分けて普通方式と特別方式に分けられます。
普通方式は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、特別方式は、死期が迫っている人が行なう危急時遺言、一般社会と隔離された人が行なう隔絶地遺言があります。

ここでは、以下に普通方式遺言についてメリット、デメリットを表記します。

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言

難易度

簡単

やや難

費用

ほとんどかからない

公証役場手数料、証人依頼費

公証役場手数料、証人依頼費

証人

不要

二人

二人

紛失変造

ある

・紛失の場合は再発行
・変造はできない

ある

検認

必要

不要

必要

メリット

・費用があまりかからない。
・証人も不要。
・簡単に書け、作りなおす事も容易。

・家庭裁判所での検認が不要。
・公証人が作成するため、無効、変造の可能性が少ない。
・紛失しても謄本を再発行できる 。

公証役場に提出するため作成日が特定できる。

デメリット

・紛失、変造等の可能性がある。
・遺言の要件を満たしていないと無効な遺言となる可能性がある。
・家庭裁判所での検認が必要。

費用がかかる。

自筆証書遺言と同様

※ 尚、秘密証書遺言については、現在ほとんど利用されていません。

公正証書遺言のススメ

公正証書遺言は、費用はかかってしまいますが、紛失や改ざんはできないこと、不備による無効がありませんので自筆証書遺言に比べてより安全です。
また、先にも述べた通り、手間のかかる検認手続が不要ですので、相続人の方の負担が少なく済みますし、移転登記等の諸手続きもスムーズにおこなえます。
それでも自筆証書遺言にするとお考えであれば、作成後に、私ども専門家のチェックを受けた方がよろしいかと思います。
ページのトップへ
普通方式遺言 松戸

遺言書作成

Menu

対応地域

千葉県
松戸市・柏市・我孫子市・流山市・鎌ヶ谷市・船橋市・市川市・習志野市・浦安市・野田市

その他の地域
応相談

事務所所在地

行政書士沼澤法務事務所
〒270-2203
千葉県松戸市六高台7-60-2-323
TEL/FAX :047-701-5270
Eメール:mail@num-office.com