松戸 柏 流山 我孫子 鎌ヶ谷 相続 遺言 遺留分 遺産分割 相続放棄

松戸 柏 流山 我孫子 野田 鎌ヶ谷の相続手続き・遺言書作成支援

相続は誰もが一生のうち何度か経験するものですが、相続手続きは財産内容や相続関係によって、状況は様々です。それ故、相続が開始しても何から手をつけたらいいのか分からない、相続手続が進まないというお悩みを抱えた方が多くおられることと思います。
当事務所では、相続トラブルや、様々なご事情に応じた手続の支援を迅速にお手伝いさせていただいております。
ご家族がお揃いになる休日やご都合のよい時間に伺いしての打合わせもいたします。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
                    姉妹サイト➡松戸 柏 流山 我孫子 鎌ヶ谷 行政書士


相続手続き支援

相続手続き一括支援

・戸籍、住民票収集・相続関係図作成
・相続財産調査・財産目録の作成
・遺産分割協議書作成
・預貯金名義変更
・自動車、その他名義変更
・自宅不動産の相続登記(一申請)※
(登録免許税は別途負担していただきます。)

相続登記については、提携司法書士が申請をおこないます。

相続人の調査・相続関係説明図作成支援(全国対応)

被相続人(お亡くなりになられた方)の戸籍簿・除籍簿・原戸籍簿相続人の戸籍、住民票などを収集・調査し、相続人の身分関係を網羅した相続関係説明図を作成いたします。(特に、被相続人の戸籍謄本等は、死亡から出生まで全て繋がるように遡ってそろえる必要がありますので、諸事情により転々と本籍が変わっていたりすると、収集に相当な労力がかかります。)
収集した書類は、預貯金や不動産の変更手続きなどに必ず添付するものですので、とても重要な調査といえます。

相続財産の調査・財産目録の作成支援

相続手続に入る前に、相続財産を調査し、財産目録を作成いたします。
単純承認、限定承認、相続放棄の判断基準となり、後の遺産分割協議や相続税の申告がスムーズにおこなえます。

積極的財産(プラスになる財産)
  • ●債権
  • ●有価証券
  • ●土地・建物などの不動産や借地権
  • ●借家権・地上権・抵当権・定期借地権などの不動産上の権利
  • ●家具・自動車・貴金属などの動産
  • ●著作権・商標権・ゴルフ会員権など
  • ●故人が保険者で受取人になっている生命保険など

  • 消極的財産(負債になる財産)
    • ●借金(住宅ローン、カードローン、クレジットカード会社への支払い等)
    • ●未払いの税金(所得税・住民税・固定資産税等)
    • ●入院費、治療費
    • ●保証債務など

遺産分割協議書の作成支援(上記の相続人・相続財産の調査を含みます。)

被相続人が死亡時に有していた一切の権利・義務を相続人が相続分に応じて共同相続(共有状態)することになります。この遺産の共有状態を解消して、個々の財産を各相続人に分配し取得させる手続きを、遺産分割 といいます。

不動産・預貯金等の名義変更支援

遺言書または遺産分割協議書に基づいて、以下の相続財産の名義変更手続をします。
中でも預貯金の変更手続きは、ご自身でされると、かなり苦労されるのではないでしょうか。
特に、複数の口座をお持ちの場合、各銀行の手続きや対応に違いがありますし、また、書類等に不備がないにしても、各行、最低で2回は窓口(銀行の場合、大抵は取引支店の窓口)に出向くことになります。

  • ●不動産
  • ●預貯金
  • ●自動車
  • ●生命保険(被相続人が被保険者となっていない契約)
  • ●株式
  • ●ゴルフ会員権など

遺言手続支援

自筆証書遺言作成支援

自筆証書遺言は、遺言者ご自身が全文作成する遺言です。
手間や費用をそれほどかけることもなく作成ができますので、多くの方がこの方式を利用されていると思います。
その反面、遺言の書き方や内容によって、無効になってしまうことや、相続人間に争いが生じてしまうケースがあります。
当事務所では、遺言者様の諸事情、お考えをお聞きして、最善な自筆証書遺言案を作成いたします。

自筆証書遺言添削支援

いざ、ご自身で作成されてみて、これで本当に内容が有効かどうかのご心配もあるかと思います。
そのような場合は、当事務所の添削支援をご利用ください。

公正証書遺言作成支援

公正証書遺言とは、公証人が作成する公文書ですので、偽造などの心配もなく安全で確実であり、家庭裁判所の検認手続きも必要ありません。
当事務所では、遺言者様のご意向を反映させるための公証人との打ち合わせ、及び必要書類や証人の準備など、公正証書遺言ができあがるまでの支援をいたしますので、遺言者様は公正証書遺言作成日に公証役場へ同行していただき、内容を確認の上、署名押印するだけとなります。

尚、公正証書遺言の場合、証人2人の立会いが必要になります。当事務所にて証人を準備することも可能です。

遺言執行者引受

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するために選任された相続人の代理人となる人です。
どのような場合でも遺言執行者が必要というわけではありませんが、中立的な第三者に遺言執行者を依頼しておけば、遺言者の意志に添い、利害を調整しながら相続手続をスムーズにおこなうことができます。

相続・遺言基礎知識

相続 遺言 松戸 柏 流山 鎌ヶ谷

相続とは、亡くなられた方(被相続人)の権利義務が特定の者(相続人)に承継されることを指します。
権利義務の承継は、被相続人が死亡した瞬間、開始・成立しているのです。

遺言書とは、被相続人(遺言者)の財産を自分が死んだ後、相続人にどのように分け与えるかの最終的意思表示です。ところが、遺言書がない場合、相続が争続になってしまうケースが多くあります。
「相続人同士で話し合うべきだ」という明確な遺志がないのであれば、遺言書をかくことはあなたの権利であり「思いやり」という義務です。

相続の流れ

相続の流れ 松戸 柏 流山 鎌ヶ谷

相続が開始した場合、以下のような流れに沿って手続きを進めていきます。


●遺言書の有無の確認・遺言書検認手続
●相続人が誰であるのかの確認手続
●相続財産の確認手続(相続財産調査)
●相続放棄・限定承認
●被相続人の相続財産を相続人がどのように分けるかを確定する手続(遺産分割協議)
●被相続人の所得税申告手続(準確定申告)
●取得した相続財産の名義変更手続
●相続税の申告手続

ページトップへ戻る

相続・遺言について

メインメニュー

Copyright(C) 2010 行政書士沼澤法務事務所 All Rights Reserved.