相続について,相続手続き,遺留分,松戸,柏,流山,我孫子,五香,常盤平,六実,八柱,六高台

松戸六高台の相続相談室

相続について

相続とは

相続とは,遺留分,松戸,柏,流山,我孫子,五香,常盤平,六実,八柱,六高台

相続とは、亡くなられた方(被相続人)の権利義務が特定の者(相続人)に承継されることを指します。

相続は被相続人の死亡によって開始し、それに伴い様々な手続が発生しますが、その概要は、以下のようになります。

●相続人が誰であるのかの確認手続(相続人の確定)
●相続財産の確認手続(相続財産調査)
●被相続人の生前の意思の確認手続(遺言書の有無の確認・遺言書検認手続)
●被相続人の所得税申告手続(準確定申告)
●被相続人の相続財産を相続人がどのように分けるかを確定する手続(遺産分割協議)
●各相続人が相続によって取得した相続財産の名義変更手続
●相続税の申告手続

法定相続人

被相続人が遺言によって指定した相続分がない場合には、法律によって定められた割合の相続分に従います。これを法定相続分といいます。
相続人の範囲は、民法によって定められ、これを法定相続人といいます。

法定相続人は、以下の通りとなっています。
それぞれ上位の者がいない場合に下位の者が相続人となります(血族相続人)。
被相続人の配偶者はこれらの血族相続人と並んで常に相続人となります。
被相続人の子と兄弟姉妹については、相続の開始(=被相続人の死亡)以前に死亡し、又は民法所定の理由により相続権を失ったときは、その者の子が代わって相続人(代襲相続人)となります。

相続順位 相続人
第1順位の血族相続人 被相続人の子※
第2順位の血族相続人 被相続人の直系尊属(父母・祖父母等)
第3順位の血族相続人 被相続人の兄弟姉妹
※ 実子と養子との間、また婚姻中に生まれた子(嫡出子)とそうでない子(非嫡出子)との間に順位の区別はなく、同順位で相続人となります。
配偶者相続人 被相続人の配偶者(常に相続人)

各相続人の相続分

相続人が複数いる場合、各相続人が被相続人の権利義務を承継する割合のことを「相続分」といいます。
相続分にも民法によって定められている法定相続分があります。
ただし、被相続人が遺言によって指定した相続分がある場合には、そちらの方が優先します(被相続人の最終意思の尊重)。
もっとも、指定相続分が優先されるとはいえ、兄弟姉妹を除く相続人に最低限留保された相続財産の一定割合(これを「遺留分」といいます)を侵すことはできません。

法定相続分一覧
相続分,相続手続き,松戸,柏,流山,我孫子,五香,常盤平,六実,八柱,六高台
※ 子・直系尊属・兄弟姉妹が複数いる場合には、法定相続分を頭数で割ります。

遺留分について

遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人(代襲相続人含む)に対して留保された相続財産の一定割合をいいます。
相続が相続人の生活保障の意味を有すること、また被相続人名義の財産には相続人の潜在的持分が含まれていることが多くあります。
したがって、遺留分は、遺言の相続分の指定をもってしても奪うことのできない相続分とされています。

遺留分減殺請求

遺留分権利者及びその承継人は、遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び贈与の減殺を請求することができます。(相続人以外への遺贈贈与は、相続開始前の一年間にしたものに限り)
これを遺留分減殺請求権といいます。
この減殺請求権は形成権であるため、行使と同時に遺留分が権利者に帰属することになります。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. 行政書士沼澤法務事務所 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com