相続の流れ,相続放棄,単純承認,限定承認,松戸,流山,柏,我孫子,野田,鎌ヶ谷

松戸六高台の相続相談室

相続の流れについて

相続放棄・単純承認・限定承認

単純承認
被相続人(故人)の権利義務全てを承継します。
被相続人が亡くなられてから3ヶ月間の熟慮期間内に限定承認も相続放棄もしない場合は、単純相続したものとみなされます。

限定承認
被相続人の財産を限度に債務を継承します。
相続財産をもって負債を弁済した後、もし余りが出ればそれを相続できます。
限定承認は、3ヶ月の熟慮期間内に相続財産目録を調整し、家庭裁判所に申述べ(届出)、受理されることで成立します。
そして、限定承認は、相続人が複数いる場合は、相続人全員で手続きを行わなければなりません。

●相続放棄
承継する一切の権利、義務を放棄することをいい、初めから相続人でなかったものと扱われますが、あくまで相続財産に関してであって、被相続人との身分関係には影響はありません。
特に被相続人の負債が多く相続にメリットがないケースや、特定の相続人に相続を集中させたいときなどに使われます。
相続放棄は、放棄する相続人(単独でできる)も、被相続人が亡くなられたときから3ヶ月以内(熟慮期間)に家庭裁判所に書面で申述べ(届出)、受理されることで成立します。
放棄した相続人は、初めから相続人でないものとして取り扱われますから代襲相続もはじまりません。
そして、相続放棄が受理されると、詐欺、脅迫などの特別な理由がある場合を除き撤回することはできません。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. 行政書士沼澤法務事務所 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com