相続の流れ,名義変更,相続財産調査,相続税申告,松戸,流山,柏,我孫子,野田,鎌ヶ谷

松戸六高台の相続相談室

相続の流れについて

名義変更・相続税の申告

名義変更
遺言書または遺産分割協議書に基づいて、次の相続財産の名義変更の手続をします。
●不動産
●銀行預金
●株式
●生命保険(被相続人が被保険者となっていない契約)
●自動車
●ゴルフ会員権など
上記の不動産の所有権移転登記(特に期限はありません)は、司法書士が行います。

相続税の申告
相続税の納付税額がある場合は、相続の開始があったことを知った翌日から10か月以内に相続税の申告書を税務署に提出し、相続税を納めることになります。相続する遺産総額が基礎控除額を超える場合、申告して納税しなければいけません。

基礎控除額の計算式: 3,000万円+600万円×法定相続人の人数

例えば相続人が2人ならば、基礎控除額は4,200万円ということになります。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. 行政書士沼澤法務事務所 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com