トップページ > 業務内容(各種許認可申請) >風俗営業等許可申請

風俗営業等許可申請

風俗営業許可申請 行政書士沼澤法務事務所

マスコミの報道などで風俗営業というと、「性風俗関連特殊営業」のことを連想しませんか?ところが、法律の区分では、風俗営業というと、クラブ、麻雀屋、パチンコ屋などの営業を指し、性風俗とは別のものなのです。
許可取得には、お店の場所、店内の状態など非常に厳しい条件があり、これをクリアした上で、申請書を作成し、お店を管轄する警察署に許可の申請を行います。
尚、当事務所では性風俗営業店は扱っておりません。



風俗営業許可申請手続

風俗営業許可申請後実際に営業許可が出るまで、千葉県の場合原則55日以内ですが、諸般の事情によりそれ以上の日数がかかることもまれにあります。いずれにしても長い期間がかかります。
さらに、風俗営業許可申請は多くの添付書類があり発行する役所もまちまちです。
収集に手間取ったり、複雑な図面の添付の必要もあり一般の方がご自分で作成すると、申請するまでに多くの時間がかかります。
そのために少しでも早く申請するために事前の段取りが重要になってきます。
一日早く開業すれば、一日分多く売り上げることができます。そのためには一日も早い申請が重要です。
面倒な時間のかかることは当事務所に任せ、ご自分の時間と労力はご商売に向けませんか。



風俗業の営業の種別

1号 キャバレー  保健所の許可が必要。キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食させる営業。
 2号 料理店、社交飲食店 保健所の許可が必要。待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業。(第1号に該当する営業を除く)
3号 ダンス飲食店 保健所の許可が必要。ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食させる営業。(第1号に該当する営業を除く)
4号 ダンスホール等 接待・飲食不可。ダンスホール、その他設備を設けて客にダンスをさせる営業。(ダンス教授者がダンスを教授する場合のみ客にダンスをさせる営業を除く)(第1号又は第3号に該当する営業を除く)
5号 低照度飲食店 保健所の許可が必要。喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、客席における照度を10ルクス以下として営むもの。(第1号から第3号に該当する営業を除く))
6号 区画席飲食店 保健所の許可が必要。喫茶店、バー、その他設備を設けて客に飲食させる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートルである客席を設けて営むもの。
7号 マージャン店、パチンコ店等 場合によっては保健所の許可が必要。マージャン店、パチンコ店その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業。
8号 ゲームセンター等 スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊戯設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを備える設備その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業。


許可の条件

風俗営業の許可には以下のような人的条件・場所的条件があります。
人的規制 (風俗営業の許可を受けられない人)

  • 1.成年被後見人もしくは被保佐人又は破産者で復権を得ていない人
  • 2.1年以上の懲役もしくは禁錮の刑に処せられ、又は無許可風俗営業、刑法の猥せつの罪、売春防止法、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律、職業安定法、出入国管理及び難民認定法、労働基準法、児童福祉法違反で1年未満の懲役もしくは罰金の刑に処せられて、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない人
  • 3.集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある人
  • 4.アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
  • 5.風俗営業の許可を取り消されて5年を経過しない人
  • 6.営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者
  • 法人の役員(取締役・監査役)で上記1〜5までに掲げる事項に該当する人


地域的規制
(風俗営業の許可を受けられない地域)
営業制限地域については、風営適正化法第4条の規定を受けて風営適正化法律施行令第6条で条例の基準が定められています。
そしてこれに基づき、各都道府県は条例でそれぞれ営業制限地域を定めています。おおまかに言えば、地域的規制を満たすには
イ.用途地域からみた営業制限地域(住居が多数集合している地域を保護するためのもの)
ロ.保護対象施設からみた営業制限地域(施設の種類によって距離制限が異なる)
の上記イ・ロのいずれにも該当しないことです。

※注意点

●各都道府県の条例により営業制限地域は異なる。
  • ●建築基準法の規制とは異なる。(建物は立つが、風営許可が下りない、ということがある。)
  • ●商業地域と近隣商業地域では保護対象施設との距離制限が異なる。


用途地域から見た営業制限地域(千葉県)

営業種別
用途地域
風 俗 営 業 深夜酒類提供飲食店 
第一種低層
第二種低層
住居専用地域
×  ×
第一種中高層
第二種中高層
住居専用地域
×  ×
第一種住居地域
第二種住居地域
準住居地域
×  ×
商業地域
近隣商業地域
 ○
準工業地域
工業地域
工業専用地域
 ○


保護対象施設からみた営業制限地域(千葉県)

地域別 保護対象施設別 制限距離
商業地域 学校(大学を除く)、図書館、児童福祉施設(助産施設を除く) 70m
大学、図書館、児童福祉施設(保育所を除く)、病院、診療所 (有床) 50m
その他の地域  学校(大学を除く)、保育所 100m
 学校、図書館、児童福祉施設、病院、診療所(有床)(これらの用に供するものと決定した土地を含む) 70m 


深夜酒類提供飲食店営業(深夜営業)

スナック、パブ(居酒屋)、居酒屋、やきとり屋、おでん屋、小料理屋、割烹、喫茶店などで客に酒類を提供して営む営業で、深夜(午前0時〜日の出時まで)において営む営業は、深夜酒類提供飲食店といい、公安委員会に届出が必要です。
なお、レストラン、すし屋、そば屋、中華料理店など営業の常態として通常主食と認められる食事を提供して営む営業については、たとえその営業が深夜に及んだとしても届出の必要はありません。

地域的規制

住居専用地域、住居地域(準住居地域を含む)を原則禁止(都道府県の条例により異なる)


営業所の技術上の基準

  • 1.客室の床面積は9.5平方メートル以上(1室の場合は制限なし)であること
  • 2.客室に見通しを妨げる設備がないこと
  • 3.風俗を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備がないこと
  • 4.客室の出入口(営業所外に直接通ずる出入り口は除く)に施錠の設備を設けないこと。
  • 5.営業所の照度が20ルクス以上であること
  • 6.騒音、振動の数値が条例で定める数値以下であること
  • 7.ダンスをする踊り場がないこと


営業にあたっての禁止事項

1. 18歳未満の者を午後10時から翌日の日出時までの間
(1)客に接する業務につかせること。
※ただし、営業の常態として通常主食を提供して営む営業等は除かれる。
(2)客として立入らせること。
※ただし、国家公安委員会規則で定める営業所及び保護者同伴の場合は除かれます。
  1. 2.20歳未満の者に酒類やたばこを提供すること。
  2. 3.深夜において客引きをすること。


営業にあたっての遵守事項

深夜、客に遊興させないこと。営業者が積極的に客に遊び興じさせることをしてはいけません。
もちろん「接待」もできません。



申請書類

1 許可申請書(正副2通)
2 営業の方法を記載した書類
3 営業所の平面図
4 営業所周囲の略図
5 求積図
6 照明設備図
7 音響設備図 
8 住民票(外国人登録証明書)の写し
9 欠格事由に該当しない旨の誓約書
10 登記されていないことの証明書
11 身分証明書
12 法人の場合の追加書類
  ●定款及び登記簿謄本
  ●役員に係わる前記8-11までに掲げる書類
  
13 管理者を選任する場合の追加書類
  ●選任する管理者に係わる誠実に業務を行う旨の誓約書
  ●選任する管理者に係わる前記6-11までに掲げる書類
  
14  7号営業のうちパチンコ店等を営もうとする場合の追加書類 
15 設置する遊技機が検定を受けた型式に属するものであることを証する書類等など 


手数料(千葉県の場合)及び報酬額

条例で定める手数料千葉県の場合

パチンコ屋及び第7条に規定する営業以外の風俗営業 3月以内の期限を限って営む営業  15,000円
その他の営業 27,000円
パチンコ屋及び第7条に規定する営業 3月以内の期限を限って営む営業  16,000円
その他の営業 27,000円


当事務所への報酬額 

基本料   180,000円〜(店舗面積により異なります)
ページトップへ戻る

風俗営業等許可申請

各種許認可申請

メインメニュー

Copyright(C) 2010 行政書士沼澤法務事務所 All Rights Reserved.